プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:東海・中山道、上洛の旅
 大雨により離脱した安土城。
P1290454.jpg

 夕方までゆっくりするつもりでしたが、完全にプラン崩壊・・・
P1290476.jpg

 そこで明日夜予定で一カ所だけ外れた場所にあった水口城へ向かうのですが。
P1290483.jpg

 そこで私を待っていたものは!
P1290526.jpg

 松村博司、ここに来て完全にぶっ壊れます><
P1290528.jpg

 そもそもこういう所は月曜日は休み。

 祭日の場合は翌日、もしくは翌々日に振り替えというのが常識でしょう。

 まさかGWのしかもこどもの日に休みって・・・

 ここの市はやる気がないのか・・・

 ぶつぶつ文句を言いつつ時計を見ると時間は4時過ぎ。
P1290533.jpg

 ホテルまでのルートを見ると、明日立ち寄る予定だった善水寺がルートのそばにあります。
P1290534.jpg

 また、そのほかのルートも少しの変更で行ける距離に。
P1290535.jpg

 とりあえず、善水寺に行ってみよう。
P1290536.jpg

 その後のことはそれから考えましょう。
P1290537.jpg

 雨のほうは相変わらずです。
P1290538.jpg

 降ったりやんだり。
P1290539.jpg

 安土では車の中に傘を忘れたことを心底後悔しています。
P1290540.jpg

 いくら激しい雨とはいっても傘があればまだ何とかなったんですよね。
P1290542.jpg

 お馬鹿な私です・・・
P1290543.jpg

 とりあえず、明日立ち寄り予定の場所を時間がある限り回ってみましょう。
P1290545.jpg

 迷子になっているんじゃないかと、途中でドキドキしながら走ること20分。
P1290549.jpg

 善水寺に到着です。
P1290551.jpg

 拝観時間は5時まで。
P1290552.jpg

 受付は4時30分まで?
P1290554.jpg

 ギリギリセーフですね^^;
P1290555.jpg

 さすがにこの天気、この時間で駐車場はガラガラでした^^;
P1290556.jpg

 ルートです。
P1320946.jpg

 そして地図です。
善水寺%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.006456,136.112559+(%E5%96%84%E6%B0%B4%E5%AF%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%35.006456%%136.112559%%16

 入山料は500円、チケットとか冊子とかは何も無しでした・・・
P1290558.jpg

 さあ、国宝に指定されている本堂です。
P1290561.jpg

 オリジナル画像ですとすごい雨が写り混んでいます。
P1290563.jpg

 本当に降ったりやんだり、ここに来てまた雨が強くなってきました。
P1290564.jpg

 ちなみに本堂へ入ると、住職さんによる説明を受けた後内陣へ案内されます。
P1290565.jpg

 金剛力士像が見えますが中は撮影禁止、ですので外から撮影で偶然写りました><
P1290566.jpg

 この金剛力士像は衣を合わせると3mを越える巨大な像です。
P1290570.jpg

 もともとは仁王門に安置されていたのですが、その仁王門は昭和28年の大雨で流失してしまいました。
P1290573.jpg

 現在本堂の両脇に配置されているこの像は、それ以前に本堂に移されていたために難を逃れました。
P1290574.jpg

 しかし金剛力士像の大きさを考えると、仁王門ってどんなに巨大なものだったんでしょうか・・・。
P1290575.jpg

 そしてこの時、金銅誕生釈迦仏立像を特別拝観できました。

 ちっちゃな黄金の像です。

 東大寺の国宝像と深い関係があるようです。

 たしか、こっちがオリジナルなんてことを言ってたような、どうだっけ・・・

 そうそう、この善水寺は湖南三山の一つです。
P1290577.jpg

 湖東三山を回ることが出来なかったで湖南三山を!
P1290580.jpg

 回るつもりは一切ございません^^;
P1290581.jpg

 まあこちらの三山は三つとも本堂が国宝に指定されてますが。
P1290582.jpg

 次回の楽しみに取っておきましょう。
P1290583.jpg

 実は常楽寺の入山に事前予約が必要だったのですが、今回のような勝手気ままな旅。
P1290584.jpg

 予約してその日のその時間にどこにいるのかわからないような状態なので恐ろしくて予約が出来ませんでした^^;
P1290586.jpg

 これが湖南三山挫折の理由です^^;
P1290589.jpg

 湖東三山も途中で挫折したので三山巡り全滅です><
P1290590.jpg

 それはいいとして善水寺、ここも天台宗のお寺です。
P1290592.jpg

 桓武天皇が病気になったとき、最澄がここの水を法力により霊水にして天皇に献上したところ、すっかり元気になったそうです。
P1290593.jpg

 その後、それがきっかけで善水寺に改名したそうです。
P1290594.jpg

 さあ、時間は5時。

 残り時間、行けるところまで徹底的に回ってしまいましょう!
P1290595.jpg

 明日?

 そんなものは知らん!


 つづく・・・
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岩根 善水寺

コメント

暑いよ・・・^^;

しゃれにならない、やばいくらい暑いです。
猛暑猛暑といってもちょっと今年の暑さは異常ではないでしょうか?
時々夏独特のスコールはある物の、まさに雀の涙。
あんな雨に効果があるのかどうか。
それでも渇水にならないのが岡山の恐ろしいところと言うかすごいところと言うか。
向かいの香川の人からはいい加減にしろと怒られそうです^^;

私が知っている限りでは給水制限は一回だけ。
高梁川を水源とする倉敷が1994年に断水になったくらいですかね。
あの時は大騒ぎしました。
友人達が・・・
そんな時でも旭川と吉井川を水源とする岡山市は大規模工場などで(具体的にはキリンビール)給水制限がでただけで生活には全く影響ありませんでした。

さて、今年はどうなる事やら・・・
ちなみに私は去年の秋からMTBで通勤したり軽く運動したりと体を鍛えています。
凄く軽くですが。
史跡巡りとなると山を登ったり階段を上ったりひたすら歩いたりとけっこう体力的に厳しいのでその対策でもあります。
のんびりやっていたので目に見えた成果はあまり出ていなかったんですが、最近では腹筋も良い感じに割れてきましたし上半身もちょっと逆三角形気味になってきました。
自転車通勤で太もも太くなってジーンズとかきつくなっているのが不満なんですがね^^;
逆にウエストはかなりブカブカになってきてるし><
で、肉体改造もそれなりに成果が出てきて代謝も活発になってきたのですが・・・
今までにないくらい異常な量の汗をかくようになってしまった^^;
肉体改造、実は失敗><
自分の体が汗くさいのは嫌いです。
でもシャワーでも浴びたのかと言うくらい汗をかくようになってしまいました。
健康には良い事なんでしょうが、こんなの嫌だ;;
汗くさいのは嫌だ><
てなわけで肉体改造計画パート2。
暑さに強い体になろう!
てなわけでエアコン停止・・・
私の部屋、以前の仕事の関係で常時稼働状態のPC4台、テレビにステレオにその他諸々。
熱の発生源が沢山あります。
軽く50度突破します。
人間の生きていくとが出来る部屋ではございません。
仕事から帰ってくると、テーブルとかフローリングとか熱いです。
暑いではなくマジでアツ! って感じ。
エアコン二台フル稼働でやっと40度切るか切らないか。
今も汗だくでキーボードをたたいていますが、エアコン切ったら死んでしまいます・・・
だったら仕事場で。
後日ゆっくり紹介しますが、私は4月から業務内容が変わりました。
フロントから外回りの営業という事でやっと念願叶いました。
で一日のうちのほとんどを外で過ごすわけですが、ここでエアコンオフ!
死にそうです・・・
でも一ヶ月続いています。
成果は?
発汗量は減るどころか増えています。
体重3キロ減りました。
いや、減量しているわけではないのですが^^;
夏バテで食欲減ってます。
汗のかきすぎで脇の下にあせもが出来てしまった・・・
全然ダメじゃん><

チャンチャン!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ