プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:尾道・古寺巡りの旅
~前回のあらすじ~


 本日最初の福猫石を発見。
P1310815.jpg

 さて、何個見つけることが出来るでしょうかって、実は数えてません^^;
P1310874.jpg

 二年ぶりの天寧寺の三重塔。
P1310873.jpg

 そっか、2006年9月以来だから2年ぶりなんですね~。
P1310877.jpg

 そして二年越しの想い、朱華園の尾道らーめん、ついに食べることが出来ました!
P1310920.jpg

 作ったのバイト君なのか、えらい味の濃いスープの少ないラーメンが出てきました^^;
P1310924.jpg




 朱華園を出て数百メートル南下すると二年前にインプレッサで駐車した自走式立体駐車場を発見しました。
P1310929.jpg

 インプレッサを手放してレガシィに買い換えるきっかけになった因縁のある駐車場ですw
P1310930.jpg

 おかげさまでインプレッサでは絶対不可能な北信越2000kmの旅なんて出来ましたけどね。
P1310931.jpg

 で、文学の館に続く脱線シリーズ第二弾という事で資料館巡り~。
P1310932.jpg

 尾道歴史博物館~
P1310933.jpg

 ・・・
P1310934.jpg

 旧尾道銀行本店の建物で市の重文らしいですが・・・
P1310936.jpg

 どうでもいいですわ><
P1310937.jpg

 どおりで観光客が少ないと思っていたのですが、尾道という街の定休日に当たったみたいです。
P1310938.jpg

 そう、映画資料館もお休みだったんですよね^^;
P1310939.jpg

 前回、朱華園が各週の定休日に当たってしまったので、ぜったいにそこだけはと思ってたら、こんなオチが付きました^^;
P1310941.jpg

 まあ、朱華園まで南下したのでついでに回ってみただけなので特に落胆もしていなかったんですけどね。
P1310942.jpg

 そしてやってきたのが艮神社。
P1310943.jpg

 地図はこちら。
艮神社%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.410503,133.201219+(%E8%89%AE%E7%A5%9E%E7%A4%BE)&hl=ja&ie=UTF8&z=19%%34.410503%%133.201219%%19

 ここも前回来たところですがトド君の希望がありましたので寄っていました。
P1310944.jpg

 おっとこんな所にもラーメン屋、夜は居酒屋?
P1310945.jpg

 改めて資料を引っ張り出して見ているわけではないのではっきり覚えていませんが、
P1310946.jpg

 たしか尾道で一番の古社ではなかったかと記憶しているのですが。
P1310947.jpg

 しかしトド君、なんでここに来たがったのかな?
P1310949.jpg

 まあ、雰囲気のいい神社ではありますが。
P1310950.jpg

 私のような神社好きならともかく、トド君のような一般人wを引きつけるような何かがあるのかな?
P1310951.jpg

 巨大な岩、どのくらい巨大な岩かというとたまたま通りがかった通行人と比べていただければわかるかと。
P1310952.jpg
 現物は本当に大きく見えます。
P1310953.jpg

 トド君が写った写真を使おうかとも思ったのですが、改めてみるとあまりに見苦しいので使うのをやめました。
P1310954.jpg

 個人のブログとはいっても公共の場ですしね。
P1310955.jpg

 しかし、トド君に写真の掲載許可をも取ったわけですが、使うことがあるのだろうか・・・
P1310956.jpg

 そうこう言っているうちに、艮神社。
P1310958.jpg

 本殿の方にまでやってきました。
P1310961.jpg

 記憶が曖昧なんですがけっこう大きな神社だったんですね。
P1310963.jpg

 てか自分の旅日記見れば載っているだろうにw
P1310964.jpg

 この巨大な岩と民家の門も変わってませんね。
P1310966.jpg

 自然をうまく使った造りなんですが、すごく自然なんですよね。
P1310967.jpg

 地面に転がってる石ころ一つ、当時のままではないのかと思うくらい本当に変わっていません。
P1310969.jpg

 えっと、桃だったっけ、タコだったっけ?
P1310971.jpg

 こっちはハト・・・だよね?
P1310972.jpg

 福猫石発見。
P1310973.jpg

 ここにも。
P1310975.jpg

 こっちにも!
P1310976.jpg

 猫細道って名が付いてるんだ。
P1310978.jpg

 ねこ~
P1310979.jpg

 ねこ~~><
P1310981.jpg

 って本物いないじゃんw
P1310982.jpg


つづくよ~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 尾道 艮神社

コメント

はなmamanさん、いらっしゃいませ。
すごく気に入ってますね。
なんだかそのまま住んでしまいそうな勢いでw
もし、本当に行くことになったらレポ、楽しみにしてますので。

ちなみに私の車のボンネット、いい感じに湾曲しています。
そしてワックスばりばりにかかってます。
ふわっとタオルを落とすと、ワックスに滑ってタオルが自重で落ちていきます。
猫が立っていられるはずがありません。
ですので必死でツメをたてながら落ちていくと推測されます。
それを繰り返すんですよね、諦めればいいものを。
どうやら私の車を駐めている駐車場を一匹の猫が縄張りにしているようなのですが姿を見たことはまだありません。
田んぼのまん中なので他の猫は近づかないんですけどね^^;

トド君、いらっしゃい。
確かにあそこは二回目でしたが艮神社、静かでいい場所だったね~。
あの辺りに住み着いてる猫がうらやましいよ。
生まれ変わったら猫になって神社に住み着くっていう野望を持ってる私としてはw

絵師さんに描いてもらえるなんて!
もう、今すぐにでも飛んで行きたいです。
しかし…土曜日は隔週で仕事があるため3連休にならない。もうしばらくお預けです。

ボンネットの傷、大変でしたね。笑い事じゃすまない金額ですが…。
猫はボンネットの上が好きなんですよね。
しかもキレイにしてある所にわざわざ…。
ウチの車はキレイになってないので猫は乗らないみたいです。

きっと猫は松村さんが好きなんですよ。


艮神社

なんで行きたかったと言うと、
まず、某所で、尾道 寺 神社で検索

尾道で一番古い… おっ!
写真みて…… おっ!!
なかなかよいかんじ

近くに猫の細道 …決定!!是非行かなくては

結局、神社も細道も最高でした(^_^)v
あの雰囲気が最高

これから尾道行く方オススメです


社内も旅モード。

だんだん、旅モードに入ってきましたね。
私は今まであまり社員旅行のある会社に勤めたことがなかったので結構新鮮です。
今の会社でも前回は5年前。
入社した直後でしたし今とは全然感覚違いますしね。

で、本日社内回覧が回ってきました。
内容は・・・
「社会人として常識のある服装を心がけてください」
マジですか^^;
「前例としてジャージやサンダルなどもってのほかです」
前例があるのかw
まあ、社会人としての品性って大事ですからね。
社会人なりたてで初めて社内旅行に行ったのは(別の会社)韓国でしたが、正直言って最低でしたからね^^;
羽目を外すのもほどほどにってね^^;
そりゃ、嫌われますよ向こうの人に。
当然です。
まあ、今の会社は今の社長、そして次代の常務と親子そろってきちんとした方なのである程度は安心なんですけどね。

列車の旅は去年の岡山一周ローカル線の旅以来。
新幹線の旅は2006年のインディ観戦の旅以来です。
それだけでも楽しみですね。
残念なのは上司の天神様が欠席ということで、こういう時はいつも行動を共にしているので今回は単独行動をしようと思っています。
もちろん、悪い意味ではないですよ。
団体旅行で時間厳守は最低限のマナーですしね。
でも、どうせ行くなら九州新幹線で熊本まで行ってそこから大分に接続すればいいのに^^;
阿蘇まで行くんですしね~^^;
逆でもいいのか、帰りに熊本から九州新幹線で。
しおりを見るとわざわざ高速通って熊本経由で博多まで行くようですし。
ま、その辺りはなんでもいいや。

とりあえず、残りあと3日です!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ