プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:尾道・古寺巡りの旅
~前回のあらすじ~


 終わんないね~^^;
P1320280.jpg

 日帰り弾丸で最長は15+FINALで北房洞窟探検を始め3つあります。
P1320284.jpg

 基本的にボーダーは15回になっていますね。
P1320292.jpg

 今回は?
P1320297.jpg

 書いてる方は楽しいかー!
P1320301.jpg

 おーw
P1320306.jpg

 読んでる方は楽しいかー!
P1320315.jpg

 シ~ン
P1320318.jpg




 てな訳で、本日古寺巡りの最終目的地。
P1320342.jpg

 浄土寺到着です。
P1320343.jpg

 地図はこちら。
浄土寺%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.411972,133.210172+(%E6%B5%84%E5%9C%9F%E5%AF%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%34.411972%%133.210172%%17

 今回、残念ながら修復中の場所もあると言うことで。
P1320344.jpg

 露滴庵という伏見城から移設と伝わる茶室も見ることができませんでしたし、この正面は方丈になるんですかね、ここも修復中でした。
P1320345.jpg

 庫裏も国重文ですが、ちょっと哀れなほど痛んでいますね^^;
P1320347.jpg

 で、本堂のに入ることができたので入ってみましたが、中は撮影禁止。
P1320348.jpg

 500円で拝観できるとのことでてっきり内陣だけ拝観かと思ったら隣の阿弥陀堂の内部も拝観させてもらえました。
P1320351.jpg

 これは頂いた冊子です。
img322.jpg

 上の写真は本来立ち入り禁止の工事中だった方丈にもこっそり入れてもらいました。
P1320349.jpg


 ここの床はうぐいす張りになっているのですが二条城よりもしっかりと聞こえるからと工事中にもかかわらず実際に歩かせてもらいました。
P1320355.jpg

 たまたま工事現場が休憩中だったのと他にお客もいなかったためにずいぶんサービスしていただきました。
P1320357.jpg

 ありがとうございます。
P1320358.jpg

 露滴庵や方丈は修復中だったために内部拝観は叶いませんでしたが、変わりにこんなものを頂きました。
img323.jpg

 中身はカード、記念になりました。
img324.jpg

 阿弥陀堂内部は非常に面白い造りになっていました。
P1320359.jpg

 名前は忘れてしまったのですが壁の木組みが一定間隔に目のように作ってありまして。
P1320363.jpg

 なんでもない壁なんですが外の扉を開け光を取り込み、立ち位置を移動させるとのそ木組みの模様が菱形に変わったり卍に変わったり。
P1320364.jpg

 赤い壁に変わったり緑の壁に変わったり。
P1320366.jpg

 上洛の旅で三重塔や五重塔の内部拝観やいろんな本堂の拝観をさせてもらいましたが、こういった目の錯覚を利用したトリックというのは初めてでした。
P1320369.jpg

 一瞬地味だな、なんて思ったんですけど、説明受けて実際にそれを見て結構感動でした。
P1320370.jpg

 別になんてこと無い写真ですが、実は私のお気に入り。
P1320373.jpg

 中心の被写体をアンダーにして空に露出を合わせた写真ってすごく好きなんですよね。
P1320371.jpg

 一眼レフなら被写体の色も潰れることはないでしょうが、コンデジではこれが限界。
P1320375.jpg

 でもお気に入りです。
P1320376.jpg

 雲と太陽と国宝の多宝塔の位置関係が気に入ったので。
P1320377.jpg

 あと、危うく忘れそうになりましたがこちら。
P1320378.jpg

 なんだか工事のため、すっかり陰に隠れて見落としそうになりました^^;
P1320379.jpg

 この石像物も国重文です。
P1320380.jpg

 そしてこちらの宝篋印塔、伝足利尊氏の墓ということです。
P1320382.jpg

 まあ、尊氏受かり乃お寺で寄進の物も沢山ありますし。
P1320383.jpg

 これは包丁塚、いろんな塚がありますね。
P1320384.jpg

 それでは浄土寺離脱です。
P1320390.jpg

 さて、本日の旅ここが最東端ですかね。
P1320393.jpg

 と思ったら健康への道100選の終点って・・・始点はどこだったんだ?
P1320394.jpg

 折り返し地点、海龍寺です。
P1320396.jpg

 時間は4時です。
P1320397.jpg

 かなり歩いているように見えるでしょうが、実は直線にすると2キロ無いんですよね。

 地図はこちら。
海龍寺%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.412114,133.211857+(%E6%B5%B7%E9%BE%8D%E5%AF%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%34.412114%%133.211857%%17

 このお寺、人形浄瑠璃の供養塔がある関係でその手の御利益があるそうです。
P1320404.jpg

 私はそれこそ中学校一年生の時からワープロのキーボードをパチパチ叩きながらいろんな文章を書いてきました。
P1320398.jpg

 その割に下手くそだとはいわないように、本人すごく気にしているので。
P1320401.jpg

 ですので、せっかくだから文章上手くなりますように~、サクサク文章かけますように~ってお祈りです。
P1320405.jpg

「祈るのはいいけど最近さっぱり書いてないよね?」
P1320402.jpg

ってトド君、今日は抜群の切れ味でグサッと来るようなツッコミはいります。
P1320406_1.jpg

 でもね、トド君。

 このご時世、ペーパーレスが進んで本なんてさっぱり売れない時代。

 それでもこうやって毎日ブログ書いてるよ。
P1320407.jpg

 たとえ今は休養中でも文章だけは書くことをやめないよ。
P1320408.jpg

 こうやって旅に出て取材して文章にして・・・下手くそだろうがなんだろうが、必ずこの先役に立つ日が来るってわかってるから。
P1320410.jpg

 まだまだ何一つ諦めてないからね!
P1320411.jpg

 でなきゃ、毎日毎日自分のフリータイムのほとんどを犠牲にしてこんな事やらないよ。

 毎日どうやったらおもしろく書けるか悩みながら書いたりしないよ!

 神頼みのあとは、今度は自分自身が努力しないとね!


 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 尾道 浄土寺 海龍寺

コメント

ユウカさん、いらっしゃい。
>読んでる方も楽しいですよ~
ありがとうございます。
その一言がすごく励みになります。

>写真の腕は松村さんの方が上だと思ってますから
でも最近特にユウカさん写真の腕上がってますよ。
私は下手な鉄砲数打ちゃ当たるってヤツですから^^;
とりあえず右に傾く撮影の癖を何とかしないと><

>でもね、中身が見れないんですけど
プロバイダ、すでになくなってますからね^^;
ジャストネットですから、存在すらしてませんよ。
当時のリンクがそのまま残っているだけですね^^;
その後私が運営しているのはこのブログと4travelの別館の二つだけですし。

てなわけで残念ながら? 現在は読むことが出来ません^^;
(もちろん原盤は残ってますけどね)

こんにちは(*^_^*)

読んでる方も楽しいですよ~i-237
写真なかなかステキじゃないですかi-237
そういう写真好きですよi-236
私は一眼持ってますが、写真の腕は松村さんの方が上だと思ってますからi-228

さきほどキーワードで検索しました。
小説書いてたんですね!
すごいな~i-237
でもね、中身が見れないんですけどi-229
次に進んだけど、真っ白だったのi-182
なんでかなi-230


ちょっと昔話

本日更新の尾道の旅でも最後の方に少し触れた件です。
毎日文章を書いてるって話。
たぶん、読んでも何の話かよくわからないでしょうね。
以前はいろいろと物語を書いていたというお話です。
一時期、コンピュータ関連の仕事で朝から晩まで仕事をしていた時期がありましてプライベートの時間も全くなくなってしまい、それ以来休止状態になっています。
ホームページも以前はあって公開していたのですが、その忙しい中ホームページを立ち上げていたプロバイダがなくなってしまい、そのままサイトも自然消滅となってしまいました。
長くやってたんですけどね。
最後は更新せずに何年も放置状態だったので、まあある意味よかったかも。
なにげにふと、当時のサイトのタイトルをGoogleやYahoo!で検索してみると当時のかけらが少しですが今でも見ることができました。
本人もかなりびっくりです。
ここにもリンクを張らせてもらってる学生時代からの友人のサイトが今年で10周年とのこと。
私が立ち上げていたサイトはさらに古かったので何年前のことでしょうか。
言うと歳がばれるので秘密ですw
7777でばれてるだろう?
それはそれ、私は11歳ですからw

ちなみにキーワードは、
「訪訪体盆暗 創作の部屋」
です。
訪訪体盆暗は当時のハンドルネーム。
ブログのアドレスや先日まで使っていたHNの「bonkura」もここから来ています。
ペン回しで有名な方で同じHNを使われていた方がいましたが、たぶん私の方が古いと思います^^;
松村博司はもっと古いペンネームです。
この話はまた後日。
もし暇があれば、キーワードのタイトルをちょっと検索してみてください。
松村博司が文章を書き続けてる理由が、ちょっとだけわかるかもしれません。
でもこのブログ、当初の予定では紀行文とか旅雑誌のような文章を書いて取材して文章を書く練習にと思っていたのですが・・・
最近は全然違う方向に行ってますね^^;
才能ないなと実感する毎日です><
この先、我がブログはどこへ向かっていくのでしょうか・・・
楽しければそれでOKでしょうと頭を切り換えましょうw
さあ、気合いを入れて北信越の旅日記、書きましょうか!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ