プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:尾道・古寺巡りの旅
~前回のあらすじ~


 本日の最終目的地、浄土寺に到着。
P1320342.jpg

 ここまで来ればあとは晩ご飯にもう一度尾道ラーメンを食べて帰るだけ。
P1320357.jpg

 そうよ~、もう一回らーめんあるよ~。
P1320373.jpg

 てなわけで、ぼちぼち駐車場へ撤収を開始しましょう!
P1320405.jpg




 右に見えるのは浄土寺です。
P1320412.jpg

 国重文、裏門。
P1320415.jpg

 尾道の街を引き立てている一つのアイテムとして、この山陽本線があるでしょうね。
P1320416.jpg

 のどが渇いたり疲れたりしたら、山陽本線を渡って左に写る商業区へ行って見れば喫茶店なり飲食店が結構あります。
P1320417.jpg

 尾道の街は海と山の間の狭い範囲に作られた街です。
P1320418.jpg

 ですから結構歩いてどこへでもアクセスできてしまうんですよね。
P1320419.jpg

 今回初めて旅を、この街の不便でありながら便利な部分感じることが出来ました。
P1320420.jpg

 てなわけで西郷寺どんに到着ですw
P1320424.jpg

 地図。
西郷寺%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.414096,133.208112+(%E8%A5%BF%E9%83%B7%E5%AF%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%34.414096%%133.208112%%17

 で、地図で見るとわかるのですがここから久保小学校がよく見えます。
P1320422.jpg

 この小学校の校舎、渋くていい味出してると思いません?
P1320421.jpg

 本当にドラマとか映画で出てきそうで。
P1320423.jpg

 この学校の向こうに行きがけに見た高校があります。
P1320426.jpg

 この小学校も大林監督の映画で登場しているらしいです。
P1320428.jpg

 古くからあるんでしょうね、モルタルがはがれ落ちて中からレンガが見えます。
P1320431.jpg

 昔はレンガ造りの壁だったんでしょうかね。
P1320432.jpg

 お次は正念寺。
P1320433.jpg

 地図。
正念寺%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.413209,133.205865+(%E6%AD%A3%E5%BF%B5%E5%AF%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=18%%34.413209%%133.205865%%18

 もうこの頃には勢いだけですね。
P1320434.jpg

 とりあえず、あるだけ回ろうって感じです。
P1320435.jpg

 一昔前なら、こういうところで子供が遊んでたりしたんですが・・・
P1320437.jpg

 人っ子一人見ません^^;
P1320438.jpg

 お寺なのでお墓が写っているのはどうしても仕方ないこと。
P1320439.jpg

線路との距離が近いんです。
P1320440.jpg

 踏切を挟んであれは・・・総門?
P1320441.jpg

 石段をあがってこの先何があるかな?
P1320442.jpg

 今度は久々に神社です。
P1320443.jpg

 久保八幡神社です。
P1320445.jpg

 地図は上の方の西郷寺の地図を見てやってください。
P1320449.jpg

 この久保八幡神社から隣にあるお寺の本堂の屋根がチラチラ見えるんですが気になりますね。
P1320451.jpg

 なんか大きいし。
P1320446.jpg

 とりあえず行ってみようということになったのですが、隣なのに直接行くことができずに再び踏み切り渡って下まで降りてきました^^;
P1320452.jpg

 なんだか複雑に入り組んでますね。
P1320453.jpg

 これが入り口。
P1320454.jpg

 再び線路の下をくぐって・・・
P1320455.jpg

 浄泉寺に到着です。
P1320456.jpg

 地図は上のに全部載っていますのでここには載せません。

 ここは何度も燃えているようです。
P1320457.jpg

 この建物も明治に入って炎上後、岡山の宮大工の手によって再建されたそうです。
P1320458.jpg

 岡山邑久の宮大工って有名だったのかな?
P1320461.jpg

 牛窓神社でも似たような説明を見た記憶がありますね。
P1320462.jpg

 そして、離脱。

 本日最後に、尾道大好きって思えるところを。

 高梁市の城下町でも感じたことですが。

 こういった昔ながらの密着型商店がきちんと生き残ってがんばって商売をしているということ。
P1320465.jpg

 これは素晴らしいことだと思います。
P1320466.jpg


 つづく!
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 尾道 西郷寺 正念寺 久保八幡神社 浄泉寺

コメント

おいらはサラリーマン!

仕事ネタがつづいて恐縮です。
が、私はサラリーマンなので毎日毎日ネタがあるわけでもなし^^;
毎日旅日記になんて書いてますが、別に流浪の旅人ってワケではありませんので。
普段はまじめにこつこつと仕事に励んでおります。
で、仕事ネタと言っても、本日何かあったわけでもなく。
目が回るくらい忙しかったということぐらいしか思い出せない。
今の私の心境。
キース・ジャレットのケルンコンサートのようw
即興のピアノコンサートなんですが、途中で同じフレーズが繰り返される部分があります。
それが妙に長い。
世間的には壮大なクライマックスまでのタメみたいなものと言う認識があるようですが。
私が初めてその曲を聴いたとき、
「おっ、今考えてる考えてる、次へ繋がるメロディー思い浮かばなくて考えてるよ。あ、メロディ浮かんできた。段々ハーモニーが広がってきた、来た来た、おお気分が入ってきたよ。盛り上がってるよ、本人来た来たって感じだよ、鼻歌歌ってるよw」
って、曲を聴きながらCDを持ってきてくれた友達に私も即興でキース・ジャレットの心境を解説して、その友達大ウケしていました。
新しい解釈だって。
その友人、それ以来ケルンコンサートの曲を聴くとその時のことが思い出してしまって笑ってしまうそうです。
悪い事したよな^^;
実際には素晴らしい曲なんですよ。
私も大好きで、わざわざ買いました。
高校生の時かな。
当時は(今もですが)特にピアノが好きでキース・ジャレットや大西順子や西村由紀江や中村由利子なんてアーティストの曲ばかり聴いていました。
ボーカルでは美里が好きでしたね。
中学生の頃は部活の時よく頭の上に両手を乗せてMyRevolution歌いながらグラウンド走ってたな・・・

最近特にお気に入りは鬼束ですね。
ちょっと前、シャインや月光、眩暈なんかで一世を風靡しましたが声をつぶしてからは休養状態でしたね。
その間に事務所の移籍や自殺未遂なんていろいろあったようですが・・・
私も当時から好きで首を長くして復活を待ち望んでいました。

そして復帰後第1弾としてリリースされたのが「everyhome」
声、ガラガラになってましたね^^;
歌姫と呼ばれていた当時の抜けるような声はすっかり影を潜めてしまっていますね。
でもやっぱり鬼束はどこまで行っても鬼束です。
PVを初めて見たとき、全身に鳥肌が立ちました。
まさに魂の叫び。
本当にもがき苦しんだんでしょうね。
PV見ながら本当に生きてくれてありがとうって心底思いました。
これ見ちゃうと何も言えませんよ。
最近、絢香とかYUIとかよく聞いていたのですが。

復帰後の鬼束聞いちゃうと、彼女たちですら霞んできますね^^;
てなわけで現在私の中でNO.1アーティストは鬼塚ちひろでした~。


って、マテ><
仕事の話はどこいった?
いや、今日は忙しかったと・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ