プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:北信越2000kmの旅
~前回のあらすじ~


 諏訪大社、本宮に続きやって来た前宮。
P1330254.jpg

 先ほどとはまったく違う雰囲気に少々とも惑いつつも、なんだか本当に古くからあるんだろうなと思わせるような神社でした。
P1330267.jpg

 そして朝から曇っているとガッカリしていたのですが・・・
P1330283.jpg

 突然の朝日。
P1330279.jpg

 曇っていると思っていたのは実は朝の濃い霧だったんですね。
P1330282.jpg

 最高の朝を迎え、どんどん先へ向かいましょう!
P1330293.jpg




 まだ、朝焼けがまぶしいですね。
P1330297.jpg

 気温も24度、すごく清々しくて気持ちがいいです。
P1330299.jpg

 本当に旅先で天気がよくなるとそれだけで気分が高揚してきますね。
P1330300.jpg

 一人旅だといつも早朝に現地入りする私です。
P1330301.jpg

 以前よく旅を一緒にしていた百君とかトド君とかも結構早朝に付き合ってくれます。
P1330303.jpg

 その早朝を選ぶ理由がやっぱりこれですよね。
P1330305.jpg

 見知らぬ土地で朝の凛とした空気を味わう。
P1330306.jpg

 まさに我が旅の醍醐味。
P1330307.jpg

 旅をしている中で一番好きな瞬間です。
P1330308.jpg

 で、見えてきました。
P1330310.jpg

 次なる目的地、諏訪高島城です。
P1330313.jpg

 隣接する駐車場。
P1330312.jpg

 まあ、小さいですがここがいっぱいになることはないでしょうね・・・たぶん^^;
P1330314.jpg

 地図です。
諏訪高島城%%http://maps.google.co.jp/maps?q=36.039789,138.112026+(%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E9%AB%98%E5%B3%B6%E5%9F%8E)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%36.039789%%138.112026%%16

 そしてルート。
P1400472.jpg

 それでは行ってみましょう!
P1330315.jpg

 ここの天守閣は鉄筋コンクリート製の復興天守です。
P1330328.jpg

 別名、諏訪の浮城と呼ばれていました。
P1330329.jpg

 いまでこそ、住宅地の中にひっそりと公園として残る城ですが以前は名の通り、諏訪湖の湖面が城にまで達していた典型的な水城だったそうです。
P1330331.jpg

 大津の膳所城や島根の松江城と並んで三代湖城と呼ばれています。
P1330332.jpg

 築城は豊臣家臣の日根野高吉。
P1330335.jpg

 実際私もこの城に興味はありませんでした。
P1330336.jpg

 鉄筋コンクリートの中は資料館とのことでしたが早朝に訪れるので中には入れませんし><
P1330337.jpg

 でも諏訪大社の上社から下社へ移動する途中にちょうどありますし、写真で見る限り立派そうなので行ってみることにしたわけです。
P1330338.jpg

 ここのお城の屋根はもともと柿葺。
P1330340.jpg

 今は何でしょうね、これ。
P1330342.jpg

 板・・・銅板?
P1330343.jpg

 寒い地方のお城は基本的に瓦はあまり使われませんからね。
P1330344.jpg

 石を使っている城が多いとは聞いていたのですが。
P1330345.jpg

 ちなみに山本勘助とこの諏訪高島城とは縁もゆかりもありません。
P1330341.jpg

 天守閣の入り口から駐車場のレガシィ発見。
P1330346.jpg

 しかしこの公園、ちょっとした庭園としてもよく整備されていますね。
P1330347.jpg

 こんな感じで。
P1330348.jpg

 そして公園内をフラフラ歩いているとお社発見。
P1330349.jpg

 おっと、渋いじゃん。
P1330350.jpg

 お参り、お参り。
P1330351.jpg

 しかし私も好きね~^^;
P1330352.jpg

 普通の人なら何の興味も持たないだろう小さな神社、諏訪護国神社です。
P1330353.jpg

 一通り見て回った後、駐車場に戻ろうとしたら広場にゾクゾクと子供が集まってます。
P1330355.jpg

 何事かと思えばラジオ体操だったんですね。
P1330357.jpg

 この日は8月12日、夏休み真っ盛りです。
P1330358.jpg

 それでは時間も6時半を過ぎてきましたし、下社へ向けて移動開始です。
P1330360.jpg


 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 北信越 諏訪 諏訪高島城 諏訪護国神社

コメント

死について考えてみました・・・

とまあ、昨日ぶっ倒れて意識を失ったわけですが、今日もし死んでいたらなんて物騒なことを考えてみました。
実は私は死にたい願望があるわけではないのですが、生に対して結構淡泊なところがあるようです。
別に輪廻転生とか死後の世界とか信じているわけではありません。
てか、まったく信じてませんw
ですので、死んでも生まれ変わってなんてそんな都合のいいことも考えられません。
死んだら終わり。
スイッチオフ。
はい終了。
そんな感じです。
でも、だからといって生に必死でへばり付いて生きていこうって気構えもないようで。
以前、健康診断で肺に影が映り要精密検査の診断を受けたことがあります。
先日自転車の旅で一緒した先輩も同じような診断結果が出て、その期間タバコをやめかなり落ち込んだという話を聞きました。

では私は何をしていたか?
当時、チェーンスモーカーだったわけですが、タバコの量が倍になりました。
ガンの診察を受ければもう二度とタバコが吸えないので今のうちに吸っておこうとw
そして次にしたのがガン保険のチェック。
以前、お客さんに付き合わされて仕方なく入ったガン保険。
ついに役に立つ日が来た!
そんな感じで、ガンと診察されたら幾らはいる?
入院費は?
手術は・・・肺に影が映るって事は末期だし抗ガン剤はNGだな。
延命治療ではなく終末治療希望だから、ガン保険でいいホスピスを探そう。
なんてネットでホスピスを調べていました^^;
動けるうちに旅に出ようなんてこともその時考えていましたね。
とまあ、ガンだったらどうしようなんて微塵も考えず、余生の過ごし方ばかり考えていました。
変なヤツだ^^;
で、今回はぶっ倒れたわけですが、頭部に異常があれば猛烈な頭痛に襲われるそうです。
今回はまったくそれはなかったので、どうやらそのままお亡くなりということも無いようですが・・・
今日、ちょっと考えてみました。
先月後半ぐらいから、ちょっと考えることがあって煮詰まっていました。
相変わらず成長してないなと自己嫌悪に陥りながら思考のループにはまっていたのですが。
今週に入って、もう何も考えないことにしました。
悩んでいた事項に関する物をすべて削除。
一切の情報を遮断して、きれいさっぱりで何一つ残っていません。
悪くいえば逃げたってヤツですね^^;
でも、正直憑き物が落ちたって感じですかね。
そんなスッキリした直後にぶっ倒れて。
考えてみれば、思い残すこともないよな・・・
突然死んで見られて困る物もないし・・・
でも私のPCは常時接続&家庭内LANという環境下から、外からのアクセスが出来ないように何重にもファイヤーウォールやパスワードなどを設定してます。
ので家族が電源を入れてもHDDにすらアクセスできません^^;
学生時代の級友なんかの連絡先も部屋には残っていないので、死んでも連絡行かないんだろうな・・・
ブログの方は、一週間くらいは自動でアップされるでしょう。
後書きが止まり、しばらくして旅日記が止まるという感じかな?
何かあったらトド君か先輩がここのコメントにでも松村死すって書き込んでやってくださいw
旅の方は?
行きたいところが沢山ありますが、死んでしまうのなら仕方ないって思っちゃいますね。
旅日記もまた然り。
ガンと診察され余命宣告されれば、旅日記を完成させること。
そして、新たな旅と生きている間に旅日記を残そうって考えるかもしれません。
死ぬとなればフィクションよりノンフィクションを残そうとするでしょうね。
突然死の場合、それが出来ませんからね。
仕方ないで終わっちゃいますね^^;

今思うと倒れて意識が戻って数秒間、体が動かなかった時間があるように感じます。
そしてその後、事態を把握してもしかしたら死んでたのかもしれないなんて考えました。
が・・・
あいかわらず、そう考えてるときの自分の感情は、

淡々

ガン検診の時とあまり変わっていませんね。
もし、その時死に対する恐怖が少しでもあったら、たぶん黙って仕事を続けていないだろうしラーメンどころではなかったでしょうね。
結局、翌日天神様に話をして上司には報告しました。
でもこれ、一応念のためってヤツです。
私は外回りが多いため、ハンドル握って運転している時間が長いんですよね。
地面にキスするだけならともかくとして、運転中何かあれば一大事ですので。
結果は貧血ということでした。
それを聞いた感想としても、

ふ~ん

そんな感じw
結婚でもして守るべき物が出来れば変わるんでしょうね。
今、私は守るべき物もないですし、執着している物もありません。
私は今も生きてます。
その生に執着するつもりはありませんが、だからといって無駄に過ごしたくもありません。
明日死ぬか、あと50年以上生きるか?
そんなことわかりません。
だから、日々を一生懸命生きているつもりです。
真剣に仕事をして、大好きな趣味を精一杯やって。
今の私には生を縛り付けている物がありません。
だからそこ、自由に楽しく生きていけるのかもしれませんね。
今はそれで満足です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ