プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:北信越2000kmの旅
~前回のあらすじ~


 朝一、諏訪大社上社を回るために諏訪湖南を回っていましたが、ここから湖北へ。
P1330363.jpg

 今度は下社巡りです。
P1330371.jpg

 そして到着したのは下社秋宮。
P1330375.jpg

 すぐ近くに下諏訪温泉があるようでホテルも隣接しています。
P1330390.jpg

 浴衣を着た参拝者をちらほらと見受けられました。
P1330397.jpg

 そんなのんびりした旅もいいななんて思っていたら、
P1330403.jpg

 ここにも温泉がw
P1330407.jpg

 さあ、諏訪大社四宮巡り、いよいよラスト下社春宮へ向かいましょう!
P1330414.jpg




 現在朝の7時3分。
P1330416.jpg

 早朝の幻想的な雰囲気もすっかりなくなってしまいました。
P1330417.jpg

 まあ、晴れててよかった。
P1330419.jpg

 太鼓橋が見えましたね。
P1330420.jpg

 って事は到着です。
P1330421.jpg

 駐車場はなかなか広いですが秋宮ほどではないのかな?
P1330422.jpg

 はい、下社春宮です。
P1330424.jpg

 地図。
諏訪大社下社秋宮%%http://maps.google.co.jp/maps?q=36.075395,138.090624+(%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E5%A4%A7%E7%A4%BE%E4%B8%8B%E7%A4%BE%E7%A7%8B%E5%AE%AE)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%36.075395%%138.090624%%17

 ルート。
P1400482.jpg

 上宮もそうでしたが、下宮も春宮と秋宮が近いですね。
P1330426.jpg

 さすがに朝7時を過ぎてきてちらほらと参拝客を見るようになってきました。
P1330427.jpg

 ちゃんとご飯食べてる?^^;
P1330428.jpg

 この春宮も温泉のすぐそばということでホテルもすぐそばにあるようですが、さすがに浴衣でブラブラって人はいませんでしたね。
P1330429.jpg

 まあ、普通朝食は7時からでしょうから、それが理由かもしれませんが。
P1330431.jpg

 前回の上洛の旅ではお寺が中心でしたが今回は神社が中心。
P1330432.jpg

 お寺もいいですが、やっぱ神社がいいっすわ~。
P1330433.jpg

 でも実は今回の旅、神社ってほとんどないんですよね^^;
P1330434.jpg

 ほとんどここがハイライトって感じです。
P1330435.jpg

 しっかりと堪能しておかないと><
P1330436.jpg

 神楽殿から拝殿へ。
P1330437.jpg

 どちらも国重文です。
P1330438.jpg

 しかし諏訪大社の特徴とも言える左右片拝殿。
P1330441.jpg

 これがいい!
P1330444.jpg

 諏訪大社にはいつか来た行きたいと思っていましたが、念願かないました。
P1330445.jpg

 で、知らなかったんですが南宮大社とも何らかの関係があるんですね。
P1330446.jpg

 ちなみに南宮大社は上洛の旅で初日最後に訪れた岐阜にある神社です。
P1330448.jpg

 関ヶ原から宿泊先である大垣へ移動中立ち寄った神社ですね。
P1330449.jpg

 あそこも規模の大きな立派な神社でしたね。
P1330451.jpg

 いい神社でした。
P1330453.jpg

 と言っているうちに春宮を出て太鼓橋まで来てしまいました。
P1330454.jpg

 過去、どんなに身分の高い人物であろうと馬を下りて渡らなければならないといわれた橋です。
P1330455.jpg

 これにて諏訪大社四宮巡り終了、さあ離脱!
P1330459.jpg

 ・・・っと思ったのですが。
P1330460.jpg

 時間があれば寄ってみようと思っていて、すでに時間がないのでやめとこうと思っていた場所があります。

 いくとなれば車で移動するつもりだったのですが、現場まで来てみると歩いていける距離。
P1330462.jpg

 だったらと、急遽訪れたのがこれ。
P1330467.jpg

 万治の石仏です。
P1330468.jpg

 岡本太郎が「こんなに面白いもの見たことがない」と絶賛したことから有名になったそうです。
P1330469.jpg

 確かに何とも言えない形をしていますね。
P1330473.jpg

 モアイ像っぽい?
P1330474.jpg

 自然石をそのまま利用しているんですね。

 現物を見るまでは微妙と思っていたのですが、実際に見てみるとまた違って見えますね。
P1330476.jpg

 得体の知れない不気味さがあったのですが、現物を見ると何とも優しい表情をしていました。
P1330479.jpg

 写真で見るより現物はかなり大きく感じます。
P1330480.jpg

 時間は7時半です、人間と車の給油、そして朝の身支度などもあるので朝仮眠した諏訪SAに戻りましょう!
P1330482.jpg


 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 北信越 諏訪 諏訪大社 下社春宮 万治の石仏

コメント

ありがとー!

先ほど、ふと見てみると拍手の総数が400を越えていました。
ありがとうございます。
しかも実はこの数字、8月にありがとーって後書きを書いて以来、爆発的に伸びたんですよね^^;
それまでは100ほどしか拍手無かったわけで、そのうちどのくらいさくらが舞っていた事やら・・・
それが一気に増えましたからね。
ありがたい限りです。
過去30日を見ても184回ってすごい数ですよね。
しかも最新の記事だけではなくて結構古い記事に拍手してくれてたりして、本当に嬉しい限りです。
松山の駐車場情報なんて見ないうちにずいぶん拍手が増えてますし。
それにコメントくれた皆さんにも感謝です。
本当にありがとうございます。
こんなブログに遊びに来ていただいてこんなに嬉しいことはありません。
そんな皆さんに何かお礼が出来ればいいのですが、何も思いつきません。
とりあえず、今まで通り毎日更新していくことぐらいですかね。
あと、時間が許せば雑誌とか調べてご当地グルメもやろうかと思ってます。
トド君でも巻き込もうかとね。
ぜひともメタボ進行の手助けをしたいという事でw
注意しなければならないのはミイラ取りがミイラにならないようにすることだけですね。
現在、11月の京都の旅はトド君と日程を調整中です。
紅葉をからませる関係で第一希望21日、第二希望24日、第三希望27日とこの三日間で打診中。
決まったらまた告知します。
とまあ、こんなブログですが今後ともよろしくお願いいたします!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ