プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:北信越2000kmの旅
~前回のあらすじ~


 春日山城を離脱後、次なる目的地へ。
P1350359.jpg

 とは言っても山の麓になります。
P1350367.jpg

 上杉謙信の墓所の1つ、林泉寺です。
P1350373.jpg

 春日山城唯一の現存建築物と言われる惣門。
P1350372.jpg

 謙信のお墓(亡骸は現在米沢の上杉家廟所へ移されてます)
P1350400.jpg

 そして川中島合戦戦死者の慰霊塔。
P1350397.jpg

 本日の目的は終わりましたので、後はのんびり行きましょうw
P1350411.jpg




 本日、最大の目的地であった春日山城と林泉寺。
P1350412.jpg

 それを一番最初に終わらせてしまいましたね^^;
P1350414.jpg

 後は消化試合的なノリです・・・
P1350416.jpg

 実は新潟でここっていう場所が無かったんですよね><
P1350418.jpg

 そんなわけで、次なる場所に向かっていたのですが・・・なんだあれ?!
P1350419.jpg

 春日山城跡ものがたり館?
P1350421.jpg

 そして春日山城史跡広場?
P1350422.jpg

 てなわけで寄ってみることにしましょう~。
P1350423.jpg
 地図です。
春日山城跡ものがたり館%%http://maps.google.co.jp/maps?q=37.152997,138.222320+(%E6%98%A5%E6%97%A5%E5%B1%B1%E5%9F%8E%E8%B7%A1%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%8C%E3%81%9F%E3%82%8A%E9%A4%A8)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%37.152997%%138.222320%%16

 ルートはこちら。
P1460337.jpg

 ものがたり館の中は大きなテレビがあり、春日山城に関するビデオを上映していました。
P1350424.jpg

 その他、出土品の展示など少量展示されていました。
P1350426.jpg

 そこを出た後、今度は史跡広場へ行ってみましょう。

 先ほど山を登ったのは春日山城址です。
P1350427.jpg

 ここも春日山城址?
P1350428.jpg

 よくあるのが、戦国時代は防衛の為に山城として作られていました。
P1350429.jpg

 その後、信長や秀吉によって平城が主流となっていきます。
P1350430.jpg

 主な兵器が鉄砲になってきたことも平城になる要因といえますかね。
P1350431.jpg

 山城を拠点としていた国も別の場所に城を建築するか、もしくは政治や生活の中心地を麓に移動させて来ました。
P1350432.jpg

 で、ここもそういった場所なのかなと考えたのですが・・・
P1350433.jpg

 どうやら違うようです。
P1350434.jpg

 ここは中世の巨大城郭として有名な春日山城の一番端となる場所です。
P1350435.jpg

 寺で言えば総門。
P1350436.jpg

 神社で言えば鳥居。
P1350438.jpg

 つまり、お城の入り口だったわけです。
P1350441.jpg

 ここはもし攻城戦になった場合の最前線なる場所。
P1350442.jpg

 ですので砦もちゃんと設置されていました。
P1350443.jpg

 砦というか番所跡ですね。
P1350444.jpg

 あぁ、なんだか上洛の旅で訪れた関ヶ原古戦場を思い出しました。
P1350445.jpg

 何となく石田三成陣跡っぽいですね。
P1350446.jpg

 よく見ると番所跡の周りにもきちんと土嚢を張り巡らせています。
P1350447.jpg

 そして奥には何か建物が見えます。
P1350448.jpg

 掘立柱建築物跡とのことですが。
P1350449.jpg

 それから井戸もあるようです。
P1350450.jpg

 さらに奥へと向かっていきましょう。
P1350451.jpg

 何があるのかと思ったら何ら縁も縁もない、墓地があっただけでした^^;
P1350452.jpg

 てなわけでUターン!
P1350454.jpg

 排水路の説明書きがありました。
P1350455.jpg

 これのことかな?
P1350457.jpg

 私には今ひとつわかっていないことがあるのですが・・・
P1350458.jpg

 ここってつまり、城下町があった場所?
P1350459.jpg

 それとも武家屋敷が建ち並んでたのですか?
P1350460.jpg

 それともそれとも・・・当時からただの空き地?

 とりあえず、今度こそ春日山城から離脱しましょう!


 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 北信越 上越 春日山城史跡広場 春日山城跡ものがたり館

コメント

雨と仕事と自転車と

本日は雨。
週間天気予報の頃からコロコロと天気が変わり、いい加減にしろと思わず叫びたくなるような勢いでした。
本日、お出かけの予定をしていた方々は本当に残念でしたね。
私はというと久々の自転車通勤だったのですが朝起きてみたら・・・
とりあえず出勤直前、雨はやんだのですが決断の時です。
地面はヘビーウエット。
今までなら完璧に回避、車での通勤となるのですが前日の晩にフェンダー(泥よけ)を取り付けたのはお伝えしたとおり。
周りからはMTBに後付のフェンダーは気休めだとさんざん言われていたわけですが、せっかく付けたのですから試してみたいですw
悩んだ末、決断。
自転車にて出発です。
効果のほどは、完璧でしたね。
まあ、水たまりなどは避けてましたから本当のところはわかりませんが。
それでもわざわざ水たまりに突っ込んでいくのもね。
長靴を買ってもらったばかりの子供じゃないんだからw
本音を言えば、それで背中が汚れるのが怖かったって事です・・・
歳をとるって嫌ですね><
会社に着いてからは雨が強くなりました。
夕方、雨が降ってるんじゃないかとかなり心配したのですが、無事やみました。
まあ、なんにしてもフェンダーを取り付けたおかげで今まで車で通勤していたコンディションでもかなりの割合で自転車通勤できそうです。
4000円という値段は最初、高いと思いましたが効果を考えれば十分納得です。
ちなみに本日はめっちゃしごとが忙しかったです。
休日出勤なのになぜ・・・
最悪でしたね><

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ