プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:北信越2000kmの旅
~前回のあらすじ~


 河井継之助の次は直江兼続です。
P1350640.jpg

 やってきたのは与板歴史民俗資料館。
P1350638.jpg

 兼続殿に出迎えしていただき、私もご機嫌w
P1350643.jpg

 レプリカですが「愛」の立物の入った有名な具足も展示していました。
P1350639.jpg

 さて、資料館で予習をした後は、今度は兼続居城だった与板城址へ向かいましょう!
P1350660.jpg




 で、到着しました与板城専用駐車場。
P1350661.jpg

 豆粒のように小さく見えるレガシィがわかるでしょうか?
P1350662.jpg

 与板城入り口は少し離れています。
P1350664.jpg

 距離にして400mくらい?
P1350665.jpg

 入り口に到着しました。
P1350666.jpg

 お城と入り口の位置関係はこんな感じ。
P1350667.jpg

 入り口まで着くと妙に路駐が多く人が多いので不思議に思っていたのですが・・・
P1350668.jpg

 入り口のすぐ側に小さなお寺があり、墓地があったんですよね。
P1350669.jpg

 盆なんですね、お墓参りしている人を見る度に思い出してます^^;
P1350670.jpg

 ちなみに私は北信越の旅から戻ってきてからお墓参りに行きました。
P1350671.jpg

 入り口にあるお社で手を合わせた後、いよいよ山の中へ突入~
P1350672.jpg

 と忘れていました、地図です。
与板城%%http://maps.google.co.jp/maps?q=37.533815,138.800979+(%E4%B8%8E%E6%9D%BF%E5%9F%8E)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%37.533815%%138.800979%%14

 ルートはこちら。
P1460341.jpg

 ここで新に導入したスーパーアイテムを使用することにw
P1350676.jpg

 それは!
P1350679.jpg

 さらさらパウダーin虫除けスプレー、ノンガスタイプ(香り爽やかシトラスサワー)です!
P1350683.jpg

 てかなげぇよw
P1350688.jpg

 ようするに虫除けですね、蚊に備えての。
P1350689.jpg

 使用して意味ととてもいい香りがします。
P1350690.jpg

 果物系の。
P1350692.jpg

 ん~、いい感じ。
P1350693.jpg

 しかし!
P1350696.jpg

 登りはじめた瞬間、耳元辺りでブ~ンっていう虫の飛ぶ音が聞こえてきます。
P1350697.jpg

 手で払っても払ってもしつこいくらい虫の飛ぶ音が耳元で><
P1350699.jpg

 最後には走って逃げるのですがそれでもしつこく着いてきます。
P1350700.jpg

 一匹二匹ではないようです。
P1350701.jpg

 実は後で気がついたのですが、蚊ではなく小バエかなにかが甘い香りによって群がっているようでした。
P1350702.jpg

 てかそれって虫除けじゃなくて、虫寄せじゃん><
P1350703.jpg

 最悪^^;
P1350704.jpg

 本丸まで登ってきたのですが状況は相変わらず。
P1350705.jpg

 ベンチもありましたし少しゆっくりしたかったのですがなかなか世の中うまくいきませんね><
P1350706.jpg

 ちなみにこの与板城。
P1350708.jpg

 現在訪れている通称城山とは別に本与板城というのもあります。
P1350712.jpg

 訪れたときに混乱してしまったのですが、本与板城はかなり古くからあったようですがはっきりした資料が残っていないそうです。
P1350717.jpg

 兼続も城主となっていましたが、その兼続は後に私が現在登っている与板城を築城しています。
P1350722.jpg

 その後、本与板城は廃城になったのかと思ったのですがその後も継続して使用されていたそうです。
P1350724.jpg

 廃城になったのは豊臣支配となってから。
P1350726.jpg

 上杉家が会津に移封となり与板城、本与板城共に廃城になったそうです。
P1350727.jpg

 小バエのような虫に追われながら走って下山。
P1350729.jpg

 何でこんな目に遭うんでしょうね^^;
P1350730.jpg

 そして、この案内図がほしかったのですが何処でもらえたのでしょうか・・・
P1350732.jpg

 こちらは歴史民俗資料館でもらった冊子です。
img337.jpg

 時間は二時半、ここから再び郊外へ移動開始です~
P1350733.jpg


 つづく・・・
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 北信越 長岡 与板城

コメント

続いて今日は・・・

月初めです。
後書きは本日もお休みでご了承くださいまし~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ