プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:北信越2000kmの旅
~前回のあらすじ~


 直江兼続の与板城を離脱。
P1350734.jpg

 ここから一気に移動します。
P1350738.jpg

 時間は2時40分。
P1350750.jpg

 この後の予定、いくつかの候補から選んだのはここから50kmほど離れた魚沼市大浦にある西福寺。
P1350758.jpg

 越後の日光と呼ばれる開山堂を拝観しましょう!
P1350778.jpg




 3時25分、西福寺に到着です。
P1350779.jpg

 地図です。
西福寺 開山堂%%http://maps.google.co.jp/maps?q=37.193552,138.956623+(%E8%A5%BF%E7%A6%8F%E5%AF%BA%E3%80%80%E9%96%8B%E5%B1%B1%E5%A0%82)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%37.193552%%138.956623%%17

 ルート。
P1460342.jpg

 拝観料は300円で頂いた冊子です。
img338.jpg

 ここに来た目的は開山堂の彫刻を見るため。
P1350781.jpg

 石川運蝶の彫刻群です。
P1350782.jpg

 といっても雲蝶なる人物、よく知らないんっですけどね^^;
P1350783.jpg

 なんだかすごい彫刻があるらしいというそれだけでここまでやってきました。
P1350784.jpg

 私の旅に対する原動力なんてそんな物ですw
P1350785.jpg

 で、さっそく見えてきました襖絵です。
P1350786.jpg

 これも雲蝶作の孔雀遊宴図です。
P1350787.jpg

 上の写真からいきなり色が変わったのは高感度モードからノーマルモードに変更したから。
P1350788.jpg

 息を止めてエイヤって感じでの撮影ですw
P1350789.jpg

 実はこの襖絵の中に狩野派一味のw絵が混じっていたそうですが今ひとつわかりませんでした。
P1350790.jpg

だって狩野派とは思えないほど地味なんですもんw
P1350791.jpg

 奥には庭園、しばし休憩。
P1350795.jpg

 ちなみに狩野派といいましたが名は狩野松州。
P1350796.jpg

 名前を検索してみましたがヒットしませんでした・・・
P1350799.jpg

 本当に狩野派なのか?
P1350801.jpg

 名字が狩野ってだけじゃないだろうな^^;
P1350803.jpg

 で開山堂内は撮影禁止でしたので冊子のスキャンを。
img340.jpg

 開山堂内部はこんな感じで圧巻でした。
img339.jpg

 ガイドは20人以上との事でしたが、ラジカセがありそれがガイドの変わりをしてくれましたのでとてもありがたかったです。
P1350805.jpg

 外から見るとこんな感じです。
P1350804.jpg

 なんだか巨大な鉄筋屋根が着いてますね^^;
P1350806.jpg

 中の彫刻の数々は色彩豊かに塗装された物で、大変鮮やかでした。
P1350808.jpg

 しかし外から見た彫刻も素晴らしいです。
P1350809.jpg

 中の彫刻に霞みがちなんですけどね。
P1350811.jpg

 四国徳島の箸蔵寺も彫刻がすごいと聞いて行ったことがありますしブログでも紹介しましたが・・・
P1350812.jpg

 ここの彫刻はとにかく彫りが深くてものすごく立体的です。
P1350813.jpg

 故に大変迫力があります。
P1350818.jpg

 まあ、実際には日光と冠するには本物があまりに強烈なために、どうかと思う部分もあるのですがこれはこれでとても見応えがありました。
P1350819.jpg

 個人的には東照宮よりも大猷院にときめいたのはまた後日・・・
P1350820.jpg

 でもこういうのは幾ら見ても見飽きることがないですね。
P1350821.jpg

 つづいては鐘楼です。
P1350823.jpg

 こちらは源太郎作とのことで梵鐘には観音像が彫られています。
P1350824.jpg

 こちらも鐘楼には彫刻が施されているんですけどね。
P1350828.jpg

 こんな感じで。
P1350829.jpg

 そして山門。
P1350830.jpg

 そこから裏に回ってみましょう。
P1350832.jpg

 開山堂を後ろから。
P1350835.jpg

 こうしてみると開山堂の建物自体、結構立派な物ですね。
P1350838.jpg

 しっかり堪能したところで西福寺離脱。
P1350840.jpg

 隣のおみやげ屋さんでアイスクリームゲット。
P1350841.jpg

 コシヒカリのアイスクリームです。
P1350842.jpg

 ここで小学生くらいのとても顔立ちのきれいな女の子に声をかけられ、しばし会話を楽しんだ後、離脱となりました。

 その時の様子は当日現地から更新した「その0.2」でも紹介させてもらいましたがとりあえずコピペで載せておきます。



 暑くて冷たい物をということでおみやげ屋に入った所、店員のおじいちゃんにあっちにお米のアイスあるよと言われて、そちらに行って見るとあるある、アイスがてんこ盛り。

 適当に手にとってレジへ持って行こうとすると、顔立ちのきれいなかわいい女の子に声をかけられました。

「バニラ? お米のアイスはこっち」

「これ? ありがとう」

「私はバニラ」

 なんて感じで雑談がスタートしたのですが・・・

 その子に一言いいたい。

 あと20年したらもう一度声かけて・・・

 じゃあ、私は何歳になっているんだよって事で、つまり小学生くらいの女の子に声をかけられてしまったんですよね^^;

 最初、お店のお嬢さんかと思って、写真撮らせてもらってブログにでも使おうかと考えていたのですが。

 目線かモザイクでも入れておけば問題ないでしょうし。

 でも、思いっきり普通に観光客でしたw

 お話ししてるとお母さんが登場しましてね^^;

「あら、お兄さんと仲良くなったの? よかったわね。どうもすいません、うちの子が」

「いえいえ、かわいいお嬢さんですね」

って、一昔前ならそんな会話になったのでしょうが。

 世知辛い世の中というか、怖い世の中になったものです。

 お母さん、何も言いませんが思いっきり警戒していました。

 当然でしょう、私が親だったらもっと露骨な態度に出るかもしれません^^;

 とまあ、そんな笑えるような笑えないような何ともいえない微妙なエピソードがあったりしました。

 てか、小学生の子供をどう扱えばいいのかわからずに、しどろもどろに返答していた自分を思い返して、ちと赤面してしまいます^^;

 小学生相手に人見知りするなよってね><

 てか、お母さんの目は怖いし、女の子にはみょうになつかれるし、さすがにちょっと困ってしまいました。




 てなわけでホテルのある燕三条方面へ戻りましょう!


 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 北信越 大浦 西福寺 開山堂

コメント

がんばってますよ?

現在、その38を執筆中。
貯金が減って遅れ気味になっている旅日記です。
てな訳で後書きは後回し><
本日もお休みです^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ