プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:北信越2000kmの旅
~前回のあらすじ~


 長い長い道のり。
P1360198.jpg

 遠い遠い道のり。
P1360201.jpg

 3時間、250kmの道のりを走り抜く。
P1360217.jpg

 めまぐるしく変化する天気模様も、
P1360218.jpg

 到着した頃には青空が見えていました。
P1360230.jpg

 全国的に雨の予報の本日。
P1360233.jpg

 いつまでこの天気がもつ事やら・・・
P1360235.jpg




10時ジャスト、勝興寺到着です。
P1360236.jpg

 地図。
勝興寺%%http://maps.google.co.jp/maps?q=36.793153,137.052655+(%E5%8B%9D%E8%88%88%E5%AF%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%36.793153%%137.052655%%17

 そして、ここまでのルート・・・もう少しスケジュール考えないとダメですね^^;
P1460347.jpg

 空もすっかり青空がのぞいてますね。
P1360237.jpg

 ここは越中一向一揆の拠点となった場所です。
P1360242.jpg

 本当は瑞泉寺にも行きたかったのですが、そこだけすごく離れた場所にあったので諦めることにしました。
P1360244.jpg

 で、この勝興寺は現在修復中。
P1360246.jpg

 実はこれも瑞泉寺とごっちゃになって勘違いしていました。
P1360255.jpg

 まあ、それでも拝観できたのでよかったです。
P1360256.jpg

 拝観料は300円。
img341.jpg

 これは上の冊子と一緒に頂いたA4サイズのパンフレット裏面のスキャンです。
img342.jpg

 で、このお寺には七不思議が伝わるとのことでチェックしてみました。
P1360239.jpg

 まず一つ目は天から降ってきた石・・・かどうかは定かではありませんが夜ごと悲しげに泣くのでお寺の本堂前に置いたところ、ぴたりと止まったそうです。
P1360249.jpg

 二つ目は実ならずの銀杏は昔、子供達が銀杏を取ろうとして木に登り落ちて怪我をしたり、実の取り合いでけんかになったりと行った出来事が続き、住職が祈願したところ翌年から実が出来なくなったそうです。
P1360252.jpg

 で、次は?
P1360258.jpg

 三つ目は水の涸れない池。
P1360259.jpg

 経堂重層屋根の西側には左甚五郎作の龍が掘られているそうですが、火災の時にその龍がその池の水を使って火を消し、それ以来干ばつの時でも龍が雨を降らしその池を涸らさないいよう睨んでいるとのこと。
P1360260.jpg

 本堂の中に入ってみましょう。
P1360262.jpg

 こちら1793年の建立です。
P1360263.jpg

 なんとド派手な本堂でしょうか^^;
P1360264.jpg

 ちょっとびっくりしてしまいました。
P1360265.jpg

 さすが江戸時代、加賀藩前田氏の庇護を受けていただけのことはありますね。
P1360267.jpg

 本堂自体の年代も新しいので、色彩もきれいに残ってますね。
P1360268.jpg

 ものすごい数の絵画や工芸品があるとの事で、すごい額の援助があったんでしょうね~。
P1360269.jpg

 四つ目の七不思議、魔除の柱ですが、他の柱がすべてケヤキに対してこの柱一本だけは赤松でしかも逆柱になっています。
P1360271.jpg

 所で書院の方は行けるのかな?
P1360272.jpg

 工事を見学できると聞いたのですが・・・どうだろう^^;
P1360273.jpg

 ひな形があったのですが、垂木とか自然の形をしていて妙にリアリティがありますね。
P1360274.jpg

 と思ったら学生が作った物なんですね。
P1360275.jpg

 解体修理の際に作られるひな形かともったのですが、すごいですね。
P1360276.jpg

 さ~て、次なる七不思議はどこかな?
P1360277.jpg

 ありました、五つ目は屋根を支える猿・・・邪鬼じゃなくて猿?
P1360278.jpg

 見上げてみるとスズメバチの巣って><
P1360279.jpg
 ちなみに撮影失敗、なぜ猿かと思ったのですが実は天の邪鬼という事です。
P1360280.jpg

 なるほどと納得したのですが、浄土真宗で天の邪鬼は珍しいそうです。
P1360284.jpg

 本堂を出て次なる七不思議、三葉の松です。
P1360281.jpg

 しかし現在ではそう簡単には見つける事が出来ないそうで、見つける事が出来れば極楽往生だそうです。
P1360283.jpg

 極楽往生もいいですが、当面私は書院とか大広間とかみたいですが・・・
P1360286.jpg

 裏から回ってみましょうか。
P1360287.jpg

 何かと思えば・・・
P1360290.jpg

 納骨堂でした^^;
P1360291.jpg

 七不思議最後の一つ、雲龍の硯は宝物収蔵庫とのことです。
P1360292.jpg

 しかしどこだ?
P1360293.jpg

 結局見つける事が出来ず、書院の工事現場も年に何回か特別公開で普段は見る事ができないとのこと^^;
P1360294.jpg

 消化不良のまま離脱となってしまいました;;


 つづく^^;
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 北信越 高岡 勝興寺

コメント

明後日は

メーカ同行が迫ってきました。
さて、お昼ご飯は何にしようとか考えながらもなかなかいい場所が思いつかなくて困っています。
翌日の14日は休みなのでその日は用事があり外に出るのでついでに何か食べようと思っているのですがそれも何処に行こうか考えがまとまっていません。
行きたかったラーメン屋の一つが最近開いているところを見てなかったのでひょっとしてつぶれたのかと思ったのですが、今日店舗改装していたのを目撃しましたのでしばらく待ちですね。
そんな感じで現在お昼ご飯のことしか考えていない松村でありましたw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ